乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリメントを活用しよう!

 

乳酸菌は腸内環境を整え働きを促進してくれる優れた成分です!

 

しかし、ヨーグルトや乳製品などの食品で、摂取する乳酸菌は、ほとんど、胃の胃酸で死滅してしまいます。その為、人が思っているようには、乳酸菌を摂取できていないのが現実です。

 

乳酸菌、本来の働きをしっかり得る為には、腸内までしっかりと生きたまま乳酸菌を届けることが、求められます。

 

その、一つの手段となるのが、乳酸菌が腸内まで届くように、設計された乳酸菌サプリメントを利用することです。

 

便秘、お腹の調子が悪い、ダイエットしたい方、免疫を上げたい方、健康を維持したい方などは、乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

 

乳酸菌サプリメントとして、支持されている商品を、厳選してピックアップしています。

 

 

乳酸菌サプリ【ランキング】

乳酸菌がしっかりとれるサプリメントの人気商品をランキング形式で紹介します。

 

善玉菌のチカラの特徴

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をひと粒に20億以上凝縮!

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は、「クレモリス菌FC株」はとてもデリケートな乳酸菌ですが、長年の研究でサプリメントにすることに成功しました。

「クレモリス菌FC株」は、乳製品に含まれる乳酸球菌の中では、唯一生きて大腸まで届くことが明らかにされたプロバイオティクス乳酸菌です。(参考:カスピ海ヨーグルト研究会

その「クレモリス菌FC株」の特徴は、とても粘りがある乳酸菌で、そのパワーで大腸まで生きて届き腸の働きをサポートしてくれます。

また、とても低カロリーなのでダイエット中の方でも安心て飲めます。

価格 1950(税別)円
評価 評価5
備考 初回\1950円(税別)、通常\2550円(税別)、定期2350円(税別)
善玉菌のチカラの総評

カスピ海ヨーグルトのパワーが実感できる。一押しの乳酸菌サプリです。どの乳酸菌サプリを選んだらいいのか迷ったら、まずは選んでほしいアイテムです。

カゴメラブレの特徴

植物性乳酸菌「ラブレ」の乳酸菌サプリです!

実は、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べて胃液などからの影響を受けにくいんです。

もともと、漬物(すぐ漬け)などの酸や塩分が強い過酷な環境下でも力強く生き抜く力をもっています。

また、日本人は古くから、漬物などで親しんできた、相性の良い乳酸菌でもあるんです。

有名企業の「カゴメ」のサプリなので安心して飲めるも魅力です。

価格 4628(税別)円
評価 評価4.5
備考 通常\4328円(税別)、定期\3762円(税別)

久光製薬 乳酸菌(EC-12)の特徴

乳酸菌(EC-12)は、乳酸菌の数にこわだり、1gに1兆個の乳酸菌を配合!

久光製薬では、「エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株」を採用しています。球状の非常に小さな乳酸菌かので1gに1兆個もの乳酸菌の配合ができています。

また、高度の加熱処理により、化も分解もされることなく腸まで届いて、ビフィズス菌の草加をサポートしてくれます。

価格 1810(税別)円
評価 評価4
備考 初回\1810円(税別)、通常\6000円(税別)、定期\5400円(税別)

生命の乳酸菌の特徴

熱に強い7種類の乳酸菌を厳選配合!

きちんと腸までたどり着かせるように、強い7つの乳酸菌を厳選して配合しています。

熱に強く加熱処理しても生きることができる乳酸菌の「ラクリス菌」や、漬物の多く含まれる植物性「耐熱性ラブレ菌」、ビフィズス菌を耐熱加工した「耐熱性ビフィズス菌」などの乳酸菌を配合しています。

さらに、腸までしっかり乳酸菌を届かせるために、特許製法のコーティングカプセルを採用しています。

価格 3300(税込)円
評価 評価4
備考 定期初回:¥3300円(税込) 二回目以降:¥2970円(税込)

乳酸菌革命の特徴

話題の乳酸菌に3大乳酸菌をプラス!

出来るだけ多くの種類の乳酸菌を摂取したほうが効果的という発想から生まれた乳酸菌サプリです。

「ラクトバチルス」6種類にプラスして、「ビフィズス菌」、「ラブレ菌」、「カセリ菌」を配合しています。

元気に届かせるために、届きやすい「有胞子乳酸菌」を採用さしています。

価格 2880(税込)円
評価 評価4
備考 単品:¥2980円(税込) 定期:¥2730円(税込)

乳酸菌サプリの効果は多い!

 

乳酸菌サプリの期待できる効果について紹介します。

 

乳酸菌の種類によって効果はさまざまですが、一般的に期待できる働きついて紹介します。

  • 便秘解消をサポート
  • コレストロールを下げる働き
  • インフルエンザ・風邪予防
  • アレルギー症状改善
  • 免疫力を高める

乳酸菌は、便秘改善だけではなく、人の健康に大きく関わるうれしい働きをしてくれます。

 

乳酸菌の働きは悪玉菌の増殖を抑える事!

 

乳酸菌は、腸内の悪玉菌が増えるのを抑えてくれます。

 

 

腸内の悪玉菌が増える事で、腸の働きが悪くなって、腸内環境が悪化してさまざまな問題を起こします。

 

たとえば、分かりやすい事では次のような事が起こります。

 

  • 便秘や下痢になる
  • 風邪に引きやすい
  • お肌の調子が悪い

 

しかし、本当に怖いのは、体の免疫力が低下してしまうことです、免疫力が落ちると、様々な病気(癌・感染症・ウイルス感染など)に掛かりやすくなると言われています。

 

そんな、悪役の悪玉菌の増加を抑えてくれるのが、善玉菌である乳酸菌の大きな働きの一つなんです。

 

 

生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌は働きが違う!

 

腸まで生きて届く乳酸菌と死んで腸まで届いた乳酸菌について説明します。

 

乳酸菌は、腸まで「生きたまま届く」ことで、その本来の働きが期待できます。しかし、胃酸や胆汁などに弱くほとんどが死滅してしまいます。

 

その為、乳酸菌サプリなどの関連商品では、腸まで「生きたまま届かせる為に、独自の工夫をしています。

 

ちなみに、生きた乳酸菌を「生菌」、死んだ乳酸菌を「死菌」と呼ばれています。

 

「生菌」は、腸内で善玉菌として、悪玉菌が増加を抑えてくれるなどの働きをします。

 

では、「死菌」は何も意味がないのでしょうか?

 

乳酸菌の「死菌」は、悪いものではありません。本来の働きは出来ませんが、「食物繊維」と同じような働きをしてくれます。

 

それは、死滅した悪玉菌や不要な物質を吸収してカラダの外へ排出してくれます。

 

参考:乳酸菌の「乾燥菌体」

乳酸菌の「死菌」、加熱し乾燥させることで「乾燥菌体」にすることができます。乾燥菌体にすることで、胃液、胆汁の影響を受けることなく腸まで届かせる事が出来ます。腸内では乳酸菌のエサとなって乳酸菌の量を増やしてくれます。その結果、乳酸菌の効果を高めてくれます。

 

乳酸菌には多くの種類がある!

 

乳酸菌と言っても、沢山の種類があります。

 

乳酸菌には、350以上もの種類があると言われています。その働きにも違いがあるようです。

 

人に役立つ代表的な乳酸菌を紹介します。

 

ラクトバチルス・ガセリ

人間の腸内に多く存在する乳酸菌の一種です。 乳酸菌の中でも、特にガセリ菌は食品で摂取しても胃酸や、胆汁で死滅することなく腸まで届き、腸内に長くとどまることができる種類として現在様々な研究がされ、注目を集めています。

 

・肥満予防
・整腸作用
・胃でピロリ菌を抑制
・免疫力アップ

ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリス(クレモリス菌FC株)

カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。大腸まで届くことが明らかにされたプロバイオティクス乳酸菌です。また、EPSと呼ばれる粘り成分を作り「カスピ海ヨーグルト」の特長的な粘りのもととなっています。整腸効果のほか、アレルギー緩和効果、美肌効果、免疫調整効果などさまざまな健康効果があることがわかってきました

 

・?腸内環境・排便状況の改善
・アレルギー症状の改善
・免疫力のアップ
・中性脂肪の低減
・血糖値上昇の抑制

ビフィドバクテリウム・ロングム(ビフィズス菌)

ビフィドバクテリウムロンガムは、日本人の腸に常在しているビフィズス菌の一種です。乳児期から成人においてはほぼ一定の割合で存在しますが、その後、老化の影響を受けて減少していきます。酸に強いため胃酸で死菌することのない腸まで届くビフィズス菌です。

 

・腸内環境の改善
・アレルギー症状の改善
・免疫力アップ
・コレストロールの低下作用
・ビタミンB群の生成

ラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカス)

日本の代表的なプレーンヨーグルト(ブルガリアヨーグルト)に多く含まれており、整腸作用に優れています。最近の研究では、腸のバリア機能を高め、腸内フローラ(菌叢)のバランスを整える「抗菌ペプチド」に関わっていることがわかりました。

 

・整腸作用
・免疫アップ
・アレルギー症状の改善

参考:http://www.shop-fujicco.com/lactobacillus/kind/

 

乳酸菌とビフィズス菌は同じものではない!

 

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも善玉菌ですが同じもではありません。

 

乳酸菌とビフィズス菌は同じようなイメージがありますが、実は別物です。

 

しかし、腸内の善玉菌として、腸内環境の改善など人の健康に良いものであることは同じです。

 

具体的な違いについては、次を参考にしてください。

 

乳酸菌は糖質を分解することによって乳酸を作り出します。しかし、ビフィズス菌は乳酸だけではなく、酢酸も作り出せるのです。さらに乳酸菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以上も生成されます。 これに対してビフィズス菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以下しか生成されません。その分、酢酸を同時に生成しているのです。(出典:乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

ビフィズス菌は、腸内に多くいいます。実は、ビフィズス菌は、酸素のあるとこでは、生きられません。その為に、ビフィズス菌が存在できるのは、腸内だけで、胃や小腸に存在しません。乳酸菌の場合は、腸内はもちろん、身体のあちこに存在しています。

 

ビフィズス菌は、年齢と共に腸内のビフィズス菌がどんどん減少してしまいます。

 

乳酸菌もビフィズス菌も副作用などがない、健康成分なので積極的に、サプリなどで摂取しましょう。

 

 

植物性乳酸菌「ラブレ」は京都の漬物から発見!

 

乳製品の乳酸菌とは違う、植物性の乳酸菌が「ラブレ」です。

 

一般的な乳酸菌は、動物性ものです。大体が、「牛」の乳を発酵させた「ヨーグルトの乳酸菌」はよく知られています。

 

日本では昔から、発酵食品が多く食べられてきたのはご存じだと思います。

 

その発酵食品のひとつに、京都の漬物「すぎき漬け」あります。その中に、まったく新しい乳酸菌を発見したのが、植物性乳酸菌「ラブレ」です。

 

日頃から、みそ、漬物などの植物性の発酵食品になじんでいる日本人には、植物性の乳酸菌は、相性が良いと言われています。

 

植物性の乳酸菌でが、動物性の乳酸菌と同様な効果が認められています。

 

そんな中で、植物性の乳酸菌「ラブレ」には大きな特徴があります。

 

それは、塩分や酸などの過酷な環境の中で生まれる、植物性の乳酸菌は「とても強い乳酸菌だと言うことです。

 

「強い乳酸菌」だから、胃液や胆汁などの過酷な環境を通り越して、腸まで乳酸菌を届かせることが出来ます。

 

このことから、植物性乳酸菌が注目されています。

 

植物性乳酸菌「ラブレ」を配合した、乳酸菌サプリも人気になっています。

 

人気の植物性乳酸菌のサプリ「カゴメラブレ」

 

乳酸菌サプリは継続が大事!

 

乳酸菌サプリは継続して飲むことが大事です。

 

乳酸菌サプリを飲んで、腸内の善玉菌の数を増やしても、しばらくするとまた、もとに戻ってしまうと言われていいます。

 

つまり、一度、善玉菌が増えたらとって安心していられず、随時、乳酸菌サプリを飲んで、善玉菌の多い状態を保つことが大事になります。

 

もちろん、一日も抜いてはダメなんてことではなく、生活のなかで常に飲み続けるということの意識が必要です。

 

最後に・・・・・。

 

如何だったでしょうか?

 

乳酸菌は、健康維持に非常に有効な成分です。

 

しっかり、腸まで届かせることができる、乳酸菌サプリなどを活用して、しっかり、乳酸菌(善玉菌)を摂取して、腸内環境を整えましょう。

 

 

 

 

では、当サイトを訪れて頂きありがとうございます。

 

皆様が、健康な生活を送れるようにお祈リ申し上げます。

 

 

関連情報

ラブレ菌サプリ【おすすめランキング】植物性乳酸菌のパワー

植物乳酸菌「ラブレ菌」のパワーを確実に得る為のラ振り菌サプリをランキング形式で紹介します。

 

 

 

 
更新履歴